人気車種ホンダフィットに乗り継いで

初代のホンダフィットが誕生したのは2001年。1300㏄のエンジンながら、高い走行性能と低燃費でたちまち人気車種になりました。
そのフィットに最初に試乗した時、「1300㏄のエンジンって非力よね」と内心思いながら、営業マンに「かなり走りますから山道など試乗してみてください」と言われ、試乗すると、全く想定外の走りをしたのを今でも覚えています。また、内装の作りこみやシートの生地などがしっかりしていて即決。がしかし、納車数か月待ちと言われ、首を長くして待っていたのを覚えています。確か、フィットはホンダロゴの後継者と言う位置づけでしたが、0からホンダが作り上げ、かなり力を入れていたと聞いています。従来の1000㏄~1300㏄クラスの車種とは一線を画す、車だったと思います。そして、その後のコンパクトカーブームの火付け役となった車種でしょう。
納車後のフィットは燃費もかなりよく(リッター17㎞)、それまで乗っていたセダンよりも燃費(リッター8.5㎞)が倍ほどでかなり遠乗りをした覚えがあります。またシートアレンジが多岐にわたり、後部座席をフラットにして寝たこともありました。
そして、2代目フィットが誕生したのを機に、カタログだけ見て即決(実車が出る前だったので)。がしかし、暫く乗って、分かったのですが、作りこみが初代ほど細部にこだわってなく鉄などの高騰の影響もあると思いますが、内装もプラスチッキーになり初代に比べ、安っぽくなった感じ。シートの生地など明らかに初代のほうがよくコストダウンがあからさま。燃費は初代よりも若干あがってますが。初代が良かっただけに、コストパフォーマンスは普通といったところでしょうか。
今回、車検を機に3代目フィットを検討していますが、デザインがね。それに、初代フィットがデビューしたときほどの衝撃はないですね。

若いうちに自分の乗りたい車に乗っておくべき!

多くの方は20歳前後で自動車の運転免許を取得すると思います。
とりあえず取得して、しばらくは実家の車を運転する程度かもしれませんが、いずれマイカーを購入するでしょう。
自分の場合は、免許の取得後、1か月のうちに憧れだった某イタリアメーカーの旧車を購入しました。
その車種自体は壊れやすいことが有名だったなので、それを覚悟で購入しましたが、実際に1か月もしないうちに修理だけで20万円ほどかかりました。
その後、1年ほどで廃車にせざるを得ない状態になってしまったので、今度は某フランスメーカーの新車をローンで購入しました。
こちらは前の車に比べると、非常に快適で故障もほとんどなく、結果として7年ほど乗ることとなりました。
その間に結婚し、子どもにも恵まれ、当然ながら趣味的に使えるお金も減りましたので、人生3台目の現在の車は安心の国産大衆車です。
この車自体には何の不満もなく、むしろ安心して家族を乗せられる点で非常に満足しているのですが、やはり過去に自分の趣味で乗っていた2台の車とは違います。
とくに1台目のイタリア車は、子どもの頃からの憧れを手に入れた喜びと、初めてのマイカーという達成感、そして何より、今ではもう手に入らないという希少性が、少し寂しい気持ちといい思い出でもある、複雑な思いを沸かせます。
もう、趣味的な車には当分手を出せないですが、若いうちに乗っておいて良かったと思います。
いずれまた、歳をとってからでも乗りたい車があるので、それを糧に今の生活を頑張っていこうと、過去の経験が思わせてくれます。

残価設定プランは新車をお試しで乗ってみたい方にお勧め

最近は多くの自動車販売会社で残価設定プランを扱う店が増えてきました。
残価とは、新車で購入した方が後に中古で売る際に車に残っている価値(値段)の事を指します。
中古車の査定の際には走行距離や事故の有無、グレードなどが対象になり、ある程度時期が過ぎた車でも人気車であれば高値がつきますが、ほとんどの場合は半値以下やほぼ値段が付かない状態になることが多いです。
自動車販売会社の残価設定プランは、予め車両価格の50%を残価とし、残りの50%の車両価格を次の車検まで(新車の普通車であれば3年)の支払いに充てることができます。
月々の分割払いにすれば少額の初期費用で車に乗ることができますので、大変お得なプランと言えます。
車検時は、そのまま乗って残価分を支払う、現在の車を返却して他の車に乗り換える、そのまま返却、の3つから選択することができます。
またオプションではありますが、半年のメンテナンス費用を入れた形のプランもできますので、オイル交換やタイヤローテーション、ワイパーのゴム替えなどすべておませすることもできます。
新車はどれもおすすめのところがあり、正直乗ってみないと良さが分からないところもあり、また次々と新車も登場してくるので、短期間で色々な車を楽しみたいという方には最適なプランと言えます。
しかし分割払いには金利手数料も含まれますので、車を購入した場合と比べて余分に支払うことも予想されます。
じっくりと乗りたい方には不向きな場合もありますので、じっくりと検討することも必要です。

愛車を少しでも長く乗り続けるには

大切な愛車は、少しでも長く乗りつは付けたいと感じるはずです。
長く乗っていても、古くなったと感じてしまったら、やはり新しい車へと乗り換えたいという気持ちになってしまいます。
つまり、年式が経ってしまっても、見た目が綺麗な状態をキープすることができれば、長く愛車として乗り続けたいという気持ちになっていくのです。
綺麗な車の上体をキープする上で重要になってくるのが、汚れたときの洗車でしょう。
洗車は洗車機のみという人も多いはずですが、綺麗な状態をキープしたいのであれば、自分で手洗いを行うべきでしょう。
洗車で重要なポイントになるのが、多くの水で、多くの泡で優しく洗ってあげることです。
また、洗車の後のワックスなどのボディーのコーテイングも必ず行うようにしましょう。
まず、洗車ですが洗車を行う場合は、環境をまずは整えることが先決です。ただ水を確保できれば良いだけではなく、風により誇りが舞い散らない場所、日射しの強い日に直射日光が当たらない場所などの環境が大切です。
風により誇りがボディーについてしまうことで、ボディーを吹き上げるときに傷を付けてしまいます。また、直射日光は水を早く乾かしてしまい水垢の原因になってしまうのです。
また、洗車の後のワックスやコーテイングはとても重要なポイントです。
ボディーの塗装の劣化は、紫外線による物がほとんどなので、洗車後はしっかりボディーをコートしてあげることが重要なポイントになるでしょう。

燃費の良いミニバン3選

家族の人数が多いと乗車人数も多い車が必要になってくるので軽自動車やコンパクトカーではなくミニバンを所有する事が多いでしょう。ミニバンは乗車人数が6~7人で車内空間も広いので買い物や家族でレジャーに出かける時にすごく適してる車です。しかし燃費に関しては軽自動車やコンパクトカーに比べるとあまり良くないのでガソリン代がかかってしまうデメリットがあります。経済的に苦しくなる事も出てきますが、最近では燃費の良いミニバンも出てきているのでガソリン代を節約する事が出来ます。そこで燃費が良いミニバンをいくつか挙げていく事にしましょう。

・ホンダ フリード

ミニバンはボディが大きいのが特徴ですが、フリードは他のミニバンに比べるとボディがコンパクトなので燃費が比較的良いです。車内空間は広く取られていて6~7人乗りでもあるので家族の人数が多い家庭でもオススメの車です。またフリードは小回りも効くのでミニバンの中でも運転しやすいのが大きな特徴です。

・ホンダ オデッセイ

オデッセイは今までそれほど燃費が良くありませんでしたが、ハイブリッドモデルになってから無駄なエネルギー消費を抑える機能が搭載された事により燃費が良くなってきています。以前のモデルに比べて車内空間も広くなっているので買い物や家族でレジャーに出かける時も適している車です。

・トヨタ エスティマ

エスティマもオデッセイと同様にハイブリッドモデルが出てから燃費が良くなってきています。エスティマはフリードやオデッセイに比べるとボディが大きいですが、運転席から前がよく見えるので運転しやすい車です。車内空間も広いので買い物や家族でレジャーに出かける時も適している車です。